一生ものの墓地購入する際に知っておきたいこととその選び方

購入方法

市や区などで運営している所と法人や企業が運営している所があります。

墓地を新たに手に入れたい時には、どこが管理している墓地にするかと金額帯をまず確認しましょう。 市や区や県が運営している霊園で墓地を手に入れたい場合はその市や区や県に住んでいる住人しか手続きが出来ない場合が多いので最初に確認をしましょう。 さらに生前購入が可能な墓地と負荷な墓地があるのでここも注意が必要です。 購入価格はほとんどの場合、土地の代金に永代使用料と年間管理料が織り込まれます。墓石は新たに手配する場合も、別の所から引っ越してくる場合も施工料金などの金額は別会計になります。 他に様々な宗派が運営している場合もあります。 この場合はその宗派であれば他県の人でも手続き可能な場合もあれば、その宗派でかつその県に住んでいる人のみ手続き可能な場合があります。 あとは不動産系統の会社やその他の企業が運営している場合があります。 この際も宗派不問なのか、特定の宗派のみ手続き可能なのかを確認しましょう。

土地のサイズで様々な金額が変わります。

墓地の手配はその土地を手配する事からはじまりますが区画のサイズもほとんどの場合、数種類あります。 区画の大きさによって土地の価格と年間管理料、もしくは年間使用料が変わってきます。 墓石を手配する場合は、新たに墓石を購入する場合は石材店に依頼をし、石の手配と搬入施工工事の依頼を行います。 この業務の最後にはお骨を墓に入れる納骨の法事があるので、別個に並行して手配をする事になります。 他の所からお墓を墓ごと毎引っ越して移動させる場合は、もともとのお墓からお骨に出ていただいて、新しい場所でもう1回お墓にはいっていただく為の法事の手配も必要です。 両方をなじみのお寺で行ってもらえる場合もありますし、距離が遠くお墓から出ていただく時と、新しい場所のお墓にお入りいただく時が別のお寺でお願いする事もあります。 墓石の業者も同様になる事があるので、依頼をする時にしっかりと詳細まで確認をした上で予定を組みましょう。 この一連の法事と施工工事にかかる金額は墓地の土地とはまた別のカウントで発生します。 おおもとの土地を手配する時に同時に何種類かの見積もりをたてておくと比較しやすくなるので良いでしょう。

↑ PAGE TOP